KARL MAYER Japan

プロフィール

昨年80周年を迎えた世界シェアーNO.1の経編(たてあみ)機メーカー ドイツ・カールマイヤー社のアジア拠点で、弊社も今年50周年を迎える日本海側初の100%外資系のテキスタイル機械メーカーです。

カール・マイヤー社は世界中に生産、販売拠点を持つインターナショナルグループで経編機械を中心に開発製造販売行っています。 

ドイツ本社での基礎開発、日本での応用開発、中国での生産とグローバルな企業活動を行っています。

弊社はその中でも特殊な機械の開発を受け持つ、開発を主体としたアジア拠点となります。

経編(たてあみ)とはニットの中の一つでその用途はカーテンレース、ランジェリー用レース、水着、インナー、アウター用テキスタイルなどアパレル関連から カーシート、マットレス、毛布、ぬいぐるみ、漁網、また近年では飛行機、風力発電用ブレードのカーボン素材や土木用資材、また人工血管など医療分野まで非常に多岐にわたっています。

BMW i8のカーボンボディもカールマイヤー社の機械で生産されていたり、テレビドラマ”下町ロケット”で出てきた人工弁の話も弊社が開発した機械がかかわっています。

現在テキスタイルのマーケットは東南アジアに集中しており、弊社は技術サポート、開発のアジア拠点としてグループでも重要な役割を担っています。

世界中の顧客や世界中のブランドと一体となってイノベーションを行うグローバルな会社です。

近年ではテレビドラマ“陸王”で紹介されたように NIKE、ADIDASなどで採用が急増しているシューズ用アッパー材を生産する特殊な機械を各種開発し、一部はドイツ本社や中国のグループ会社でも生産させるほどブームになっています。現在その他トップ下着メーカーから販売される高級テキスタイル用の最新鋭機、トップスポーツブランドと機能性に優れた次世代のスポーツ用テキスタイルを生産する最新鋭機の開発も行っています

  • 事業内容

    経編機の開発、製造、販売、輸出入

    アジア市場への技術サポート

    特殊編機の開発

    イノヴェーションコンサルト

  • 住所

    〒918-8522

    福井県福井市上北野1丁目27-33

    Tel : 0776-54-5500

    Fax :0776 27-3400

  • 設立

    1958年3月

  • 資本金

    4億9,900万円

  • 従業員

    64名

  • 業績

    <2017年実績>
    売上高 31億円
    経常利益 7億円

  • 株主構成

    ドイツ Karl Mayer Verwaltungsgesselshaft mbH   100%

  • 沿革

    1945年 福井市江上町にて武田機械鉄工所として創業開始

    1958年 (株)武田機械製作所に社名変更し、法人化

    1968年 独カール・マイヤー社と資本及び技術提携を行い合弁会社に移行。 武田マイヤー(株)に社名変更。

    1977年 現在の日本マイヤー(株)に社名変更

    1996年 親会社カールマイヤー社と中国に Karl Mayer Wujin社を設立

    2015年 グループにおいてのダブルラッシェル機及び特殊機のコンペテンスセンターとして活動開始

    2016年 開発担当として研究開発棟を建設。新規の開発、新商品のテスト及び研修施設を備える。

Contact

KARL MAYER - Japan
NIPPON MAYER LTD.
No. 27 - 33 1-chome 918-85-22 Fukui-City